持続可能な家づくり


2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です。

持続可能な開発目標エスディージーズ(SDGs)は,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。


(世界を変えるための17の目標)

SDGsへ向けてアルティザンの取り組み

アルティザン建築工房は、環境に配慮した建築会社として、家づくりを通じて、SDGs(持続可能な開発目標)を積極的に推進し、社会の持続的発展に貢献していきます。

リノベーションを通じて環境貢献

高効率な最新設備を積極的に取り入れて、人と地球にやさしい家づくりをご提案いたします。

日本におけるCO2排出量の16%が住まい(家庭部門)です。

1世帯あたり年間で3.4トンのCO2排出となります。
杉の木が1年間に吸収するCO2排出量に換算すると、約384本になります。

私たちは、古い住宅の断熱改修、性能向上リフォーム・リノベーションで家庭部門のCO2排出量の削減へと繋げ、地球温暖化防止へ貢献しています。

「住まい」におけるCO2排出量の1/4は冷暖房によるものです。

冬には熱を逃さないように断熱をし、夏には熱が入らないように遮熱を行うことが必要です。

住宅の断熱性能を向上させることで、冷暖房によるエネルギー消費を抑えることができます。

※詳しくは⇒環境省HP

断熱性能が高い住宅は、健康面においてもメリットがあります。

冬場に浴室で発生するヒートショックのリスク低減、結露減少によるカビ・ダニの発生改善、室内の空気質の改善などの複合効果によりアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などの疾病にも改善の効果があることが研究結果としてございます。


2019年には、LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス)相当を中古住宅のリノベーションで実現しました。(札幌市東区U様邸)

こちらのプロジェクトでは、北海道における断熱性能の基準値UA値0.46を大きく上回るUA値:0.18の住宅を建築しました。

アルティザン建築工房では、2地域(札幌市)のHEAT20・G2グレードとなるUA値0.28を標準としています。2013年改正省エネ基準レベルの住宅と比較して約50%程度の暖房負荷の削減効果があるとされます。

 

◎LCCM住宅とは?

建築時~廃棄時まで、トータルでCO2排出量がゼロ以下になる性能の住宅。認定低炭素住宅やZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)の上位、国内では最高ランクの性能基準を満たした住宅となります。

※現在は、新築のみの基準で既存住宅のリフォームではLCCM認定基準がありません。


断熱と合わせて重要なこと

せっかく断熱しても隙間があると、

「すきま風」で部屋の中が寒いという現象が起きます。

札幌市は、改修住宅の基準として相当隙間面積C値2.0以下をハイレベルとしております。


断熱と合わせて、実際にそのお家が、どのくらいのスキマがあるのか?

気密性能(C値)も大切です。


アルティザンでは大工さんチームごとに毎年、性能を競い合い成績上位には特別賞を進呈しています。


また、平成26年度からスタートした国の補助事業「長期優良住宅化リフォーム推進事業」にも積極的にエントリーをして認定された実績は、現在では90棟を超えています。

国土交通省と全国のトップランナー(建築会社)が集まり開催するミーティングにも参加しております。



巨大地震が来ても倒壊しない。家族の命を守る家

平成30年の北海道胆振東部地震では札幌市内の最大震度は6弱でした。

いつ発生するかわからない大きな地震に備えて、家が命と財産を守ってくれることが重要です。

アルティザンでは、最高レベルの「耐震等級3」を標準としています。

窓を減らさずに開口部を耐力壁とする耐震フレーム工法や制振ダンパーなどを使うケースもございます。
※オプション工事


ストック型社会に向けた価値ある住まいづくり

・全棟リフォーム瑕疵保険の申込
(フルリノベーションの場合)

・住宅履歴保存サービスに登録
(30年間データ保管)

長期優良住宅化リフォーム補助事業
(施工時期により)

中古住宅+リノベーションで日本の空き家問題を解決!

日本の住宅市場は、スクラップ&ビルドの考え方からストック型社会へシフトしています。

私たちは、持続可能な住まいづくりに取り組むことで、持続可能な街づくりに繋げています。

いつも安心・1年中快適な室内環境

人が住まう場所だからこそ、素材にもこだわり家族が健康に暮らせるように

無垢材、塗り壁、紙クロスなど厳選された自然素材を使用します。

赤ちゃんが安心して住める家づくり!

設計室は、女性管理職による体制とし全社員の女性雇用率50%

女性のライフスタイルに合わせた、働きやすい環境づくりを進めるべく、国土交通大臣登録のリフォーム事業者団体である一社)日本住宅リフォーム産業協会においては「ジェルこまち」の活動などを通じて全国のリフォーム店、建築会社の女性スタッフとの交流により女性が活躍できる働き方改革を実践しています。

職人さんも社員も自由に学べる、各種セミナーや研修会への参加によるスキルアップ、資格支援制度を設けています。

アルティザンでは、施工品質を保つため年間の受注棟数を決めています。

顔の見える家づくり、自社大工による施工体制をこれからも持続していきます。